Mayu(黒川麻由)さんの鉛筆画展へ。三重画廊にて。

Pocket

初めて見たときからその世界観に惹かれてやまない、
Mayuさんの鉛筆画展が開催されるということで家族で行ってきました。

 

Mayu-黒川麻由-鉛筆画展

2018/5/2~5/6
個展会場は三重画廊様。
三重県津市中央18-19
無料駐車場10台ほどあり!
http://www.ztv.ne.jp/web/miegaku-tsu/

 

私、絵とか美術系詳しくないし知識ゼロ。
自分の感覚だけで見ております(笑)

 

知人に絵描きさん何人かいますが…
Mayuさんのは明らかに違う点が。
良いとか悪いとかそういうのではなく。

 

何かを表現しようとしていない、のかな。
いや、表現されてるんですよ?

 

なんていうのか、線に重苦しいものが全く乗っていなくて、
描きたいから描いてる、
無感情というか。

 

必死で何かを表現しようとしているのではなくて、
わかりやすく言えば天からおろしてきてる感じ?
うまく説明できない( ̄▽ ̄)

 

 

ないけど在るんですよ。
在るけどない。

優しくないけど優しい。
暗いけど暗くない。
コミカルだけど真面目。

自分の語彙力の低さに撃沈。。。

『もっと突き詰めたら無の境地に至って、仏像みたいな空気になるんちゃうか』
って。旦那が(笑)

 

Mayuさん自身素敵な女性。
生きてる!って空気が大好きだなあ。
地に足ついて、
鉛筆握ってる感じ!

 

 

パートナーの武蔵さんは…
照れ屋やった。笑

 

↑人見知りの距離感(爆笑)

 

いつもなら慣れない娘も遊んでもらったりして、
楽しく拝見させていただきました。

 

 

技法とか、そういうの何もわからないんだけど、
私が興味持つことってだいたい一緒で、
「どうやってこれをやろうと思ったの?」
ってインスピレーションの源の部分。

 

Mayuさんにも質問しまくっちゃった。笑

 

聞いて、もっと
「ああ、やっぱり好きだなー」
ってなっちゃった。

鉛筆画、写真でも素敵ですが、
ぜっっったい実物の方が断然いいです。
まだ今日(5月6日)までやっていますので、
是非、生鉛筆画と生Mayuさん見てください!!!

The following two tabs change content below.
上野理恵(うえのりえ) ブランドR(アール)代表兼デザイナー 元美容師 / 元服飾デザイナー ハダカの自分で生きることがテーマ。 アクセサリーやデザイン、仕事術などいろいろ書き綴っています。平和主義。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください